夜勤パートと夜勤専従看護師の違い

日勤、夜勤を繰り返している看護師の中には、「これからは夜勤専門で良いから、生活スタイルを変えていきたい」と考えている方もいると思います。日によって勤務時間や睡眠時間が変わると体が辛いと思われることも多いでしょうから、「これからは夜勤専門の看護師として仕事をしていきたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。夜勤専門の看護師求人をチェックしている方の中には、「夜勤パートと夜勤専従の常勤看護師では、どちらの働き方が良いのだろう?」と思っている方もいると思います。どちらも同じ夜の勤務となりますが、雇用形態が変わってくるため迷っている方もいるでしょう。

そもそも、どうしてこういった夜勤専門の看護師が必要かというと、夜勤勤務を敬遠する看護師の方が多いということが理由としてあります。特に、結婚をし、お子さんがいる看護師の場合には、「家族との時間を大切にしたい」と思っている方が多いですから、「夜勤は避けたい」と考えている方が多くなります。そのため、医療機関では夜勤を専門とする看護師の需要が増えてきています。

夜勤専門として仕事をする際には、夜勤パートと夜勤専従の常勤看護師という働き方がありますが、どういった働き方を選ぶかによって収入が変わってきます。夜勤パートの場合には時給で仕事をすることになりますから、働いた分が収入となります。それに比べ、夜勤専従の常勤看護師の場合には基本給プラス夜勤手当が収入となり、更にボーナスなども支払われるため、年収に大きな差が出ることになります。夜勤パートはあくまでも非常勤という扱いになりますから、責任的には小さくなりますが、その分ボーナスや福利厚生などは受けることが出来なくなってしまいます。
このように、同じ様に夜に勤務する夜勤パート、夜勤専従看護師ではありますが、雇用形態が異なるため収入や待遇面に大きな差があることになります。収入を重視したいと考えているのであれば、夜勤専従看護師を希望した方が後々後悔することも無くなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP