夜勤パートのデメリット

正社員で看護師として仕事をしてきた方の中には、「毎日忙しくて自分の時間なんてほとんどなかった」という方もいると思います。「やりたい趣味があるのに、仕事が忙しくて出来なかった」という方の中には、「これからは夜勤パートという働き方に変えて趣味の時間を楽しみたい」と思っている方もいるでしょう。しかし、夜勤パートとして仕事をする際にはデメリットもあります。そのデメリットも理解した上で希望しなければ、後悔してしまうことになりますよ。

夜勤パートとして仕事をすると、当然ながら常に夜の勤務となります。ということは、昼と夜が逆転した生活になるということです。「今までの日勤と夜勤の繰り返しよりは、楽になるだろう」と思われる方も多いと思いますが、夜型になってしまうと交感神経の関係で自律神経のバランスが崩れやすくなります。その影響で体調を崩してしまう方もいますから注意が必要です。
また、「夜勤のみになれば昼間友達とも会えるだろう」と思われる方も多いと思いますが、夜の時間帯というのは意外と友達と連絡を取ることが多いため、夜勤パートとなることで友達と疎遠になってしまう可能性もあります。そして、夜勤では少ないスタッフで仕事をすることになりますから、仕事中にかかってくる責任は大きくなります。一人で行う仕事量も増えることになりますから、仕事の負担も大きくなると考えていた方が良いでしょう。その他、夜勤パートとなれば、通勤に関しても考えておく必要があります。あまり遠い勤務先だと、公共交通機関が使えない時間だったりと苦労してしまう可能性もありますから、注意が必要ですよ。

看護師夜勤パートには、メリットもたくさんありますが、こういったデメリットもあります。転職を考えている方は、こういったデメリットも考えて行動することが必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP